特徴

/

すぐにWebマニュアル化

PDFファイルさえあればすぐにWebマニュアルが作れます。Webマニュアル作成ツールの導入や、HTML, CSSなどの学習、開発環境の構築などは必要ありません。既存資産をそのまま活用します。

/

簡単に見つかる

特許取得技術である「意図予測検索」によって、既存のマニュアルでは見つけられなかった情報に簡単にアクセスできるようになり、製品やサービスに詳しくない利用者も疑問や困りごとをすぐに自己解決ができます。

/

分析できる

当社独自の分析改善メソッドで、マニュアルの閲覧状況から利用者行動を可視化/分析できます。潜在的な顧客ニーズを察知し、製品やサービス、マニュアルの改善提案します。

導入効果

costdown

コスト削減

「意図を予測する」独自の検索技術で、利用者自身での課題解決を導くため、問い合わせの回答コストが削減されます。

/

生産性向上

利用者自身が疑問を自己解決できるため、問い合わせ対応に追われていた営業やエンジニア、コールセンターの生産性が向上します。

up-1

売上向上

これまでブラックボックスになっていたマニュアルの利用状況が可視化されます。収集したVoCをマニュアルや商品の改善に活かすことで売上向上に繋がります。

  お問い合わせ  

想定利用シーン

 

製品マニュアルMask group (4)
活用企業例
問い合わせを受けることが多い製造業・メーカー
問い合わせ者
エンドユーザー、クライアント、販売会社(代理店)
活用シーン
取扱説明書を見れば解決する問い合わせが営業やコールセンターに多く寄せられている
具体的な問い合わせ例
・故障した
・メンテナンスしたい

 

 

業務マニュアル「打刻修正」「レシートが出ない」と検索している店員のイラスト
活用企業例
多店舗展開している企業
問い合わせ者
従業員(正社員・アルバイトなど)
活用シーン
紙で業務マニュアルを配布しているが、結局店長や本部に問い合わせが寄せられる
具体的な問い合わせ例
・打刻を修正したい
・レシートが出てこない

 

 

社内規定「有給」「年末調整」と検索している従業員のイラスト
活用企業例
従業員規模の大きい企業
問い合わせ者
従業員(正社員・アルバイトなど)
活用シーン
規程類に書かれた内容の問い合わせを総務・情シスなどが受けている
具体的な問い合わせ例
・有給をいつ取得できるか
・年末調整はいつまでに誰に出せば良いか

 

Helpfeel User Manual Searchを実現する
生成AIソリューション

utilize-image
Helpfeel User Manual Searchは生成AIを活用することで利用者の自己解決率を高めます。問い合わせ内容に応じた適切なコンテンツ誘導、記事の作成や修正を補うライティング支援、新規コンテンツに的確に検索を促すためのチューニング支援を実現する生成AIの技術がマニュアル改善のサイクルを加速させます。
また、生成AIの課題であるハルシネーションが起きない仕組みなので、利用者が安心してご利用いただけます。

まずはお問い合わせ
※弊社担当営業より折り返しご連絡いたします。

セールスパートナー募集中

Helpfeelの紹介・代理販売をしてみませんか?